腰痛をお尻ストレッチで改善!4つのポイントと気をつけることは?

腰の張りを改善するストレッチをしている女性

埼玉県草加市・東京都の北千住・曙橋で活動している肩こり腰痛・スタイル改善専門パーソナルトレーナー北村智哉(Twitter:@trainer_tomoya)です。

いつも仕事が終わって、帰宅して、腰が張っていたりして、なかなか趣味や家事の時間を取ることが出来ない経験ありませんか?

1日の仕事が終わった後に、今日ご紹介する「お尻のストレッチ」をお風呂上りや寝る前に行って頂くだけで、腰の張りがスッキリします。

私も、寝る前に行ったり、トレーニング後のストレッチとして行っています。

そのストレッチを行っていくための4つのポイントと、気をつけるべきことをお話していきます。

これで、腰の張りを改善し、自分時間を楽しんでみてください。

なぜお尻のストレッチ?

腰の張りを改善するとなると、様々な方法があります。

しかし、あまり関係なさそうなお尻のストレッチを今日はご紹介します。

中には、なぜお尻のストレッチ?と思う方もいると思います。

まずは、その「なぜ?」というところからお話していきます。

お尻というと、大殿筋という大きな筋肉があります。

大殿筋の解剖図

また、それ以外にも中殿筋や小殿筋、小さな筋肉が沢山ある部分です。

これらの筋肉は、ずっと座っていることで、筋肉が動きません。

動かないことで、筋肉が張ってしまうことがあるのです。

その影響が実は、腰にまでも影響を及ぼすことがあるのです。

つまり、腰の張りというのは、お尻の筋肉の張りによっても影響を受けるのです。

このことから、腰の張りを解消していくために、お尻の張りを改善するストレッチをしていくことをおすすめするのです。

どの様なお尻のストレッチをしていけばいいの?

では、実際にどの様なお尻のストレッチをしていけばいいのでしょうか?

お尻のストレッチは、座ってやるのか?寝てやるのか?でも様々な種類があります。

お尻のストレッチ

今回は、こちらのお尻のストレッチをご紹介します。

お尻の横のストレッチをしている女性
お尻のストレッチのポイント
①伸ばすお尻側の脚を片側の太ももの上に乗せる。
②手は、膝と足首に乗せる。
③背筋を伸ばし、股関節から上半身を前に倒していく。
④片側30〜60秒を目安に伸ばしていく。

上記のストレッチは、よくジムでもやっている方を見かけますし、またオフィスなどでも実践している方もいると思います。

しかし、このストレッチでは腰が丸まってしまうと上手く伸ばすことは出来ません。

もし、上手く腰を丸めずにやるのであれば、もうひとつの方法をおすすめします。

もうひとつのストレッチ

では、もうひとつにストレッチのやり方をご紹介します。

ストレッチのポイント
①伸ばすお尻側の脚をあぐらの様に置く。
②手は、肩幅程度に開き、肩の真下よりも少し前に置く。
③背筋を伸ばし、股関節から上半身を前に倒していく。
④片側30〜60秒を目安に伸ばしていく。

気をつけるポイントは、先ほどのストレッチとほとんど変わりません。

上半身を倒していくのですが、個人的には、こちらの方が背中を丸めないことを意識しやすいのかなと思います。

両方試してみて、自分に合う方を実践してみてください。

まとめ

いかがでしたか?

腰の張りを改善していくには、、お尻のストレッチが有効な場合もあります。

その時に、様々なお尻のストレッチがありますが、今回ご紹介したストレッチも有効です。

ぜひ寝る前やお風呂上がりにこのストレッチを取り入れて、腰の張りを改善してみてはいかがでしょうか?

腰の張りを改善するための方法を他のブログでもご紹介していますので、そちらも参考にしてみてください。

腰周りの張りに悩む女性

トレーニングやストレッチ・その他のご質問はLINE@からお待ちしております!

LINE@で友達を募集中

只今、東京・埼玉県(草加市)内でも新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は、下記のお問い合わせページからお問い合わせください。

また、体験パーソナルトレーニングは、どういう流れでやるの?と思った方は、下記のブログをご覧ください。

パーソナルトレーニングを受けている女性

肩こり腰痛・スタイル改善専門パーソナルトレーナー北村智哉