野球

飛距離を伸ばし、長打を打つために必要なたった1つの事とは?

2021年6月13日

長打を打った野球選手

埼玉県草加市・東京都の北千住・曙橋の野球の動作改善専門トレーナー北村智哉(Twitter:@trainer_tomoya)です。

 

今日は、以前のブログでも書いていた野球の週末限定ブログを公開します。

 

全文は、1番下にリンクを貼っておくので、そちらをご覧ください。

 

試合や練習で長打を打ちたいと思った時に何をしますか?

長打を打ちたいと思ったら・・・

・バットの振りを大きくする。

・ボールの芯よりも若干下をバットに当てる。

・スイングをアッパー気味にする。

など人によって、様々な取り組み方があります。

 

しかし、前提条件として、私は、たった1つのある事が大切で、それと同時進行で、上記の様な様々な取り組みが大切だと考えます。

 

それは・・・全身の筋力アップを図っていく事です。

 

何故なら、どんなにバットをアッパー気味にしようが、振りを大きくしても、全身の筋力がなければ、バットからボールへと力を伝えられず、ボールは飛ばないからです。

 

今日は、少しでも今よりも飛距離を伸ばし、長打を打つために必要なトレーニングお伝えしていきます。

 

身体がデカい

 

まず、考えて欲しい事があります。

 

プロ野球やメジャーリーグの試合を試合を観ているときに、ホームランを打つバッターは、どんな身体をしていますか?

 

ひとまずこう思いませんか?

 

「身体がデカい。」

 

そうですね。

 

みんなデカいんです。

 

身長が高いということも含め、体重など見た目が大きいですよね。

 

何人か日本人で例を出すと・・・

ポイント

・ヤクルト 村上選手 身長188cm 体重97kg

・巨人 岡本選手 身長185cm 体重96kg

・ソフトバンク 柳田選手 身長188cm 体重87kg

・オリックス 杉本選手 身長190cm 体重104kg

・阪神 佐藤選手 身長187cm 体重94kg

もちろん、小柄でホームランを量産している選手もいますが、基本的には、上記の様な選手が多くホームランを打っています。

 

ちなみにメジャーのヤンキースに所属しているジャッジ選手は、身長201cm・体重128kgという、ちょっと次元が違う体格ですねw

 

話は戻りますが、それだけ身体が大きいと全身の筋力もそれなりにあります。

 

実際に、どれだけあるのかは数値などは公表されていませんが、予想はつきます。

 

引退された千葉ロッテの福浦選手のトレーニング風景がYoutubeでアップされていたのですが、その中でベンチプレス100kgを何回も連続で行っていました。

 

ちなみに福浦選手は、身長188cm・体重88kgと公表されていますので、それよりも身体が大きい選手は、ベンチプレスだけでいえば、福浦選手よりも扱っているかと思います。

 

詳しく動画を見たい方は、リンクを張っておきますので、下記のリンクからご覧ください。

 

続きは、こちらから→野球note「飛距離を伸ばし、長打を打つために必要なたった1つの事とは?」

 

トレーニングやストレッチ・その他のご質問はLINE@からお待ちしております!

只今、東京・埼玉県(草加市)内でも新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は、下記のお問い合わせページからお問い合わせください。

 

また、体験パーソナルトレーニングは、どういう流れでやるの?と思った方は、下記のブログをご覧ください。

こちらもCHECK

パーソナルトレーニングを受けている女性
実際に私が行っているパーソナルトレーニングの流れをご紹介します!

埼玉県草加市・東京都の西新井・曙橋で活動している肩こり腰痛・スタイル改善専門パーソナルトレーナー北村智哉(Twitter:@trainer_tomoya)です。   皆さんは、初めてパーソナ ...

続きを見る

取材や執筆などのお問い合わせはこちらからお願いします。

 

野球の動作改善専門トレーナー北村智哉

人気記事

-野球
-, ,

© 2021 肩こり腰痛・スタイル改善専門トレーナー北村智哉のブログ Powered by STINGER